ムラカミタケミツ日記WebSite

日常の印象に残った出来事をここに記して楽しんでいます。軽い気持ちで覗いてみて下さい。

50年前に作詞・作曲したオリジナル曲、10曲を約30数年前にシンセサイザーを購入し、編曲を加えたオリジナル曲「インストゥルメンタル(楽器演奏のみ)」を
ここに公開しています。
そのカラオケに唄も入れて公開しておりますが、若干、音質が悪いので高音質な <カラオケ>BLESTARオリジナルプレイヤー の方の視聴をお勧め致します。
視聴される場合は、右側にある「ムラカミタケミツ作詞・作曲」を聴いて下さい。
(注)万が一 演奏が途中で途切れたりした時は、今、開いているブログを閉じて、再びブログを開いて下さい。

→上記 ムラカミタケミツ日記WebSite をクリックしますとサイトトップへ戻ることが出来ます。
1.柏村五郎の紹介!
下記(破線箇所)、伊藤 勇(いとう いさむ)氏の紹介コーナーに義父「柏村五郎(かしむらごろう)」(カミさんの父親)が
紹介されていましたので、このブログで義父のプロフィール及びエピソードを紹介させて頂きます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
関連項目男子ボクサー一覧より引用
伊藤 勇(いとう いさむ、1909年12月12日 - 1971年3月1日)は、日本の元プロボクサー。
日本フライ級初期の名選手。
略歴:喧嘩に強くなりたいとボクシングを始め、1928年にアマの全日本フライ級チャンピオンとなる。
翌年プロに転向、柏村五郎(3勝1敗3引分け)、除廷権(3敗3引分け)ら強豪と対戦した。
技巧派のボクサー・タイプで、1934年、花田陽一郎との全日本フライ級決勝戦に臨んだが、
その技巧も“今牛若丸”花田の変幻自在の技には及ばず、判定負け。
1936年にも同タイトルを花田と争ったがこれも判定負け。
終生プロのタイトルには縁がなかった。
1971年3月1日、不慮の転落死を遂げた。

主要戦歴
1929年(昭和2年)10月31日 - 柏村五郎とのプロデビュー戦、4ラウンドTKO負け。
1934年(昭和9年)12月25日 - 花田陽一郎との日本フライ級タイトル決勝戦、10ラウンド
   判定負け。
1936年(昭和11年)1月5日 - 花田陽一郎との日本フライ級タイトル決勝戦、10ラウンド
   判定負け。

代 名前 所属 日付 興行
4 柏村五郎 大日拳 1927年(昭和2年)6月5日 大日拳第1回日本選手権大会
   フライ級優勝

5 柏村五郎 大日拳 1927年(昭和2年)11月3日 明治神宮大会フライ級優勝
6 近藤巌 帝拳 1928年(昭和3年)11月 大日拳第2回日本選手権大会フライ級優勝
7 柏村五郎 大日拳 1929年(昭和4年)11月3日 明治神宮大会フライ級優勝
8 柏村五郎 大日拳 1930年(昭和5年)4月19日 大日拳第3回日本選手権大会
   フライ級優勝

不明 不明 不明 1930年5月 大日拳第4回日本選手権大会フライ級優勝
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本名、柏村五郎(かしむらごろう)(愛称は、キャノンボール五郎)。
昭和初期の日本フライ級チャンピオン、明治神宮チャンピオン。

明治神宮大会と云えば、小生が子供の頃に観た藤田進、主演「姿三四郎」と云う映画で確か柔道と柔術の試合シーンが明治神宮大会だったような気がします。
その背景にリングがありボクシングをしているシーンもあったと記憶しています。
もしかして時代背景的にこの大会が映画に取り込まれたのではないかと推定しています。

日本国内が大騒ぎした、あの有名な世界フライ級チャンピオンになった白井義男の兄貴分でもあったことです。
当時、柏村五郎は、今風に云うとイケメンボクサーで白井義男以上の超有名人だったようです。

あの時代でも映画に出演したくらいですから、今の時代であったらテレビ、映画等にはどんどん出演する大スターになっていたと思います。
現役引退後は、レフリー、テレビ解説者、ある大学のボクシング部の監督をしておりました。

以下、プロフィール及びエピソードについて掲載しましたのでお時間がございましたらご覧下さい。
09:00|by ムラカミタケミツ義父・柏村五郎の足跡comments(0)↑Topに戻る
2.拳闘選手権章と桐箱
残念ながら第5回明治神宮体育大会分のみのベルトしか残っていませんでした。
ここに桐箱と一緒に公開させて頂きました。
第5回明治神宮体育大会 拳闘選手権章
08:30|by ムラカミタケミツ義父・柏村五郎の足跡comments(0)↑Topに戻る
3.柏村五郎のプロフィールと写真。
<プロフィール>
柏村五郎(かしむらごろう)(愛称:キャノンボール五郎)
出身地 : 福島県大沼郡本郷町
生年月日:1908(明治41年)8.1生まれ 11人兄弟の男の五番目で五郎。
       上京後、帝拳へ入門、昭和2年大日拳に移る。
       昭和2年 日本フライ級チャンピオン、同年 明治神宮チャンピオン。     
       得意 : 左フックと無類のタフネス。      
       ルックス : 美少年(今風:イケメン)。
       通算戦績 : 不明。

       引退後は、後進の指導、レフリー、ボクシング中継テレビ解説者を歴任。

        1985(昭和60年)10.17
         東京・品川にて妻、娘3人に見守られ静かに生涯を閉じました。
         享年77歳。 

ジム内ファイティングポーズ
ジム内ファイティングポーズ

庭にてファイティングポーズ
庭にてファイティングポーズ
08:00|by ムラカミタケミツ義父・柏村五郎の足跡comments(0)↑Topに戻る
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ PROFILE
(写真掲載)
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ Google
+ サイト内検索
+ メールはこちらから。
+ PR
+ MOBILE
qrcode